カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


脳の年齢をはかるゲームなんて廃止にして欲しいね

まぁ、なんですな、年をとると物忘れがひどくなります。昨日の晩ご飯はなんだったかなんて考えても思い出せなくなります。それで、医者が騒ぎますな。認知症だって、みんな大変だ、大変だって大騒ぎです。

最近は、脳の年齢がわかるゲームがあるそうです。あたしは、脳の年齢というのは、歳をとってればとってるほど良いんだと思ってました。だから、50歳の人が70歳の脳とでるのがいいと思っていたのです。でも、そのゲームは頭が若い方が良いんだそうです。50歳の人が60歳と出たら駄目で、40歳と出るといいんだそうです。あたしは、逆だと思うんですけどね。こんな年寄りを馬鹿にしたゲームはないですな。

おまけに、そのゲームを開発した学者は、脳に利く遊びとかをしなさいというらいいんです。遊びにまで、脳に良いとか悪いとかっていわれても、遊びが困るんじゃないですかね。

八「おい、隠居。さあ、行こうぜ」

隠「行こうぜって、どこへ行くんですか?」

八「決まってるだろう。新しく、近所にパチンコ屋ができたから行こうって言ってたじゃないか」

隠「そうでしたかね、」

八「この認知症老人が。すぐ、忘れる」

隠「なんですと、ものを忘れて何が悪い。だいたい、世間は年寄りというものを馬鹿にしすぎだよ」

八「何言ってんだい、隠居の時代は終わったんだよ」

隠「なんですと。老いることの価値がない社会は滅びる、と昔の人もいってるんですよ」

八「ほう、誰がそんなこと言ったんだい」

隠「シーザー、」

神「何いってんだい、シーザーがそんなこというわけないだろう」

隠「じゃあ、プラトンいや、デカルト」

神「なんだか、知ってるカタカナの名前を挙げればいいと思ってるね。この西洋かぶれが」

隠「そうは言うけどね、脳にいいからとか、悪いとかね、どうでもいいよ。もし、パチンコが脳にいいなんてことになったら、あたしはパチンコ止めるね。脳に悪いことしか、あたしはしないんだ。あんなね、マスコミやご時世に乗って絵空事を言ってる学者の言うことを信じるのなんていやだね」

神「そりゃ、言いたいことはわかるよ。脳にいいから、遊ぶなんてのは変だからね。でもね、あんたは学者を目の敵にしすぎるよ。学者だって、まともなことを言う人もいると思うよ」

などと、長屋では、あたしが物忘れがひどいと言うことで、ずいぶん、叱られてしまいました。あたしは戦いますよ。昔、アメリカのアフリカ系の人がね、「ブラック・イズ・ビューティフル」ってね、こぶし挙げてたもんです。あたしもね、「オールド・イズ・ビューティフル」っていってね、こぶし挙げたいですね。
[PR]
by garumaru | 2006-03-24 07:24 | 人口問題
<< ローリングストーンズのコンサー... テレビでローリングストーンズの中継を >>




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧