カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


金は天下の回りものってか

エー、歳をとるとなんだか、昔のことばかり思い出すような気がします。まぁ、新しいことが覚えられなくなるっていいますか、若い頃に覚えたことはいつまでも覚えてるっていうことなんでしょうか。そんなわけで、若いときは、たくさん、勉強して、いろいろなことを覚えたほうがいいというわけなのです。

まぁ、そんなわけで、頭も禿げて、年寄りになったあたしですが、こんなんでも、やっぱり若いときはあったんです。それで、若いときに、小学校の先生に教えてもらった歌があります。

かねはてんかもまわりもの
レストランとのういんどにゃ
とんかつ、びふてき、めだまやき
あれもこれもと
ならんでいるけど
みんなおいらのものじゃない

という曲です。ところで、これが誰がいつ頃歌った歌なのか全然わからないのです。先生は、なんで、この歌をあたし達に教えてくれたのかもわかりません。今は、貧乏でも、いつかお金が回ってきてお金持ちになるかも知れないよってことを言いたかったのかしらね。

まぁ、そんなわけで、お金というものは、持つことはわりかし簡単ですが、持ち続けるのは大変な苦労がいるような気がします。世の中、お金持ちで居続ける人というのは、なかなかいないのではないでしょうか。
[PR]
by garumaru | 2006-04-22 14:27
<< 風力発電で飛ぶジェット機 物に当たるのは止めましょ >>




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧