カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


サイボーグはすごい

エー、久しぶりに長屋の連中が集まって、大家のガルマルさんちへ行ってきました。まぁ、例によって、テレビを見に行ってきたんですがね。そしたら、サイボーグのことをやってまして、脳から出てくる電気信号を読み取って、手や足を動かしたりすることができるんですな。義足とか、義手ってのが、脳の思うように動かすことができるんだそうです。すごい世の中ですな。

八「隠居、いるかい?」

隠「ああ、いるよ、きょうはどうしたい?」

八「昨日、大家の家でみた番組な、気持ち悪かったよな」

隠「そうですか」

八「ほら、あの、脳の中に電極刺したりしてさ、なんだか、気持ち悪いよ」

隠「まぁ、そうして、脳から出てくる電気信号を取り出すんだからしょうがないよ」

八「娘が言うにはな、AIってのを使えば、脳に変なもの刺さなくてもいいんじゃないか、ってんだけどさ。AIってなんだろうね?」

隠「本当に八の娘は物知りだね。娘さんに聞けばいいじゃないか」

八「そんなこといってもさ、親としては、聞きにくいから隠居に聞いてるんじゃないか」

隠「まぁ、教えてあげてもいいんですけどね、」

八「そんなこといってさ、本当はAIっていうの何かを知らないんじゃないの」

隠「(ぎくっ)な、な、何をいうんですか。知ってますよ」

八「ほう、じゃあ、なんだい」

隠「AIってのはね、あしたは、インテリの略なんです。つまりですな、常に、インテリになろうと努力することによって、義足や義手を動かそうというわけなんです」

八「ふうん、そうか、」

神「何をいってんだろうね。八に嘘ついちゃいけないよ」

隠「ああ、いたんですか。嘘ってことはないでしょう」

神「AIってのは、人工知能のことなんです。八の娘は人工知能を使えば、脳に電極を刺さなくてもいいんじゃないかって思ったんだよ。八に似合わず賢いね。偉いよ、八の娘は。隣に、嘘ばっかりついている隠居がいても、ちゃんと勉強してるんだもんね」

隠「なんですと、嘘ばっかりじゃないですよ。時々、ほんとのこともいいますよ」

神「何いってんだかね、あんたはね、義脳がいるよ」

隠「なんですか、義脳って」

神「義手は手がない人用の人工の手だろう。義脳は脳のない人のための人工の脳だよ」

隠「なんですと、じゃあ、あたしは脳がないっていうんですか?」

神「あると思ってたのかい、まぁ、図々しいよ、この人は」

隠「図々しいとはなんですか」

八「また、けんかが始まったよ。じゃあな」

といって、八は帰って行きました。というわけで、サイボーグ009のような人達が町に溢れるようになるのも、もうすぐなのかもしれません。
[PR]
by garumaru | 2006-04-25 19:25 | 人口問題
<< 黄砂が町にやってくる 隠居は何でも知っている? >>




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧