カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


黄砂が町にやってくる

えー、大変なもんでございますな。黄砂が町にやって来るというわけで、中国のあちこちで大変なことになっているみたいですな。昼間からヘッドライトをつけた車が走ったりして大変なようです。まぁ、桜島の周辺に住んでいる人ならしょっちゅう起こるようなことかもしれませんが。

そんなわけで、この黄砂は日本にもやってくるのです。北島三郎さんみたいに鼻を広げて

はあるばるきたぜえ にほんにい

なんて歌いながら飛んでくるんですな。

そう言うわけで、日本にもそれなりの影響がある黄砂ですが、モンゴルの砂漠あたりで発生するらしいんです。ほんで、今年は雨が少なかったんで、いつもの年よりうんと量が多いらしいですな。そう言えば、近所の畑もなんにも植わってないで乾燥した日が続くと、土埃がひどいですからな。同じようなもんなんでしょうか。

八「おいおい、隠居。おいら、なんだか、疲れてんのかな。空が黄色く見えるよ」

隠「なんですと(二人で外に出ます)」

八「どうだい、おいらには黄色く見えるけど」

隠「ほんとですね、こんな田舎にも黄砂が来たんですね」

八「黄砂かよ」

隠「そうです、黄砂です」

神「なにいってんだい。二人とも栄養失調だから黄色く見えるんだよ。あたしには、ちゃんと青く見えるよ」

隠「ほう、そんなもんですかね」

さて、黄砂なのか、それとも、神さんが言うようにあたしと八が疲れているからなのか、どっちなんですかね。みなさんのところはどうですか?
[PR]
by garumaru | 2006-04-26 19:04 | エコロジー
<< 保釈金てのは大変だ サイボーグはすごい >>




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧