カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


ローリング・ストーンズのライブ ヤシから落下編

八「大変だ、大変だ、親分」

隠「どうした、八」

八「キースがヤシから落ちて重症だって」

隠「何だって、重症。なんで、ヤシから落ちたんだ」

八「ミックがヤシに上って、自慢したんだ」

隠「まあ、ミックは身が軽いからな、ヤシに上ったんだ」

八「それで、下にいるキースとロンにここまでおいでって、言ったんだよ」

隠「それで、キースがヤシに上ったのかい」

八「そう、それで、上ったのはいいけど、降りれなくなったんだって」

隠「ほうほう、確かに、高いところに上るのは簡単だけど、降りるのは結構大変なんですよ」

八「それでさ、ロンとミックは先に降りて帰っちゃったらしいんだ」

隠「それで、ヤシの上にキースだけ残ったって訳ですか」

八「それで、しばらくヤシに捕まっていたんだけど。ついに力尽きておっこちゃったらしい」

隠「本当ですか?」

八「じゃ、ないかなって思うんだけど」

隠「何だか、嘘みたいだね」
[PR]
by garumaru | 2006-05-01 19:41
<< ローリングストーンズのライブ 回復編 近所のお店 >>




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧