カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


魂の抜け殻

魂の抜け殻という言葉があります。なんだか、心がないといいますか、ぼやあっとした人のことだと思います。

八「おおい、隠居さあ」

隠「なんですか」

八「いあね、さあ」 

隠「どうしたんだい、八、なんだか、魂の抜け殻みたいだよ」

八「そう、さあ、今、魂が抜けたんだ。魂が脱皮中なんだ。もう少ししたら戻るから。さあ」

といわけで、八は脱皮中なのです。魂の抜け殻見たくぼーっとしているのです。
[PR]
by garumaru | 2006-05-07 22:56 | 人口問題
<< ネズミの嫁入り サーと呼ばれたい >>




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧