カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


メタボリック症候群が危険ってのは嘘だそうで

エー、役人と医者が手を組んで、メタボリック症候群ってのがあぶねえぞってんで、大騒ぎらしいですな。医者というのは、自分たちの仕事がなくなると大変ですから、いろいろ病気を作ってもうけようとします。それに、お役人が荷担するんですな。

刑務所ができたから、犯罪者ができたという人がいます。それと同じことで、病院ができたから患者ができたんじゃないですかね。その病院に患者がどんどん来てくれないと医者が困るんです。医者ってのは、お金がないと生活できない人が多いですから、汚い手を使ってでも儲けようとします。

高血圧の基準をどんどん、引き上げて、日本人の半分以上を高血圧患者にしようともしています。とにかく、油断していると、患者にされてしまいます。

あたしのように、歳をとってくると、健康であっても、医者にあんた病気だよって言われると気弱になってしまいます。だから、多少、体の調子が悪くても大丈夫、長生きできるよっていってもらったほうがいいんです。そうすれば、だまし、だまし、長生きしますから。

まぁ、そんなわけで、医者にはご用心という噺でした。きょうは、意外とまじめにまとめたのですわ。
[PR]
by garumaru | 2006-05-11 20:35
<< キースが退院です えらいことになりました >>




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧