カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


たまには外で飲みたい

八「隠居、金貸してくれ、さあ」

隠「何ですか、いきなり、金貸せってのは」

熊「ああ、隠居、お願いします。八と飲みに行くんで、サー」

隠「飲みに行くの? あたしをおいてかい、二人だけで、いい身分だね」

八「なに、いじけてんだよ。もちろん、誘うつもりだったんだけどね、お金がないと飲みにも行けないからね、ちょっと、確かめたんだよ、さあ」

隠「どうせ、八も熊も金がないからね、あたしがだすことになるんだよね」

神「なんだい、三人で飲みに行くのかい、早くいっといでよ、隠居が一日中家にいると鬱陶しくていけない」

隠「お金を貸してくださいよ」

神「つけがきかないのかい。うちには、あんた達の飲み代なんかないよ」

隠「まぁ、しょうがない、安い店を探しましょう」
[PR]
by garumaru | 2006-05-16 22:25 | 人口問題
<< ああ、ビートルズのあの人が離婚... 鼻歌Pod改名のお知らせ >>




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧