カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


これからは医者に行かないようにしよう

八「しかし、隠居も大変だね。あと少しで七十五歳だもんね。そうしたら、医者にいけなくなるよ」

隠「あのね、あたしだけじゃないんだよ。八だって、年を取っていつかは七十五歳になるんだよ」

八「おいらはね、もう年を取らないことにした。これからはずっと今の年のままにする」

隠「何言ってんですかね。みんな同じく一年に一歳ずつ年を取るんですよ」

八「ふん、そこを何とかまけてくれ。二年に一歳くらいにしてくれないかな」

隠「温暖化ですからね、そんなことできません」

八「一年に一歳年をとるのと温暖化はなんか関係があるのかい。なにかい、気球の温度が一度上がるたびに、一年で取る年の数が増えるのかい?」

隠「まあまあ、堅いことを言わずに。しかし、なんで、こんなに年寄りはいじめられるのかね」
[PR]
by garumaru | 2008-04-12 14:10 | 人口問題
<< ミックがサーで、ボーノが博士 年をとっても得にならない >>




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧