カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


日本人なら演歌です

エー、というわけでですね、先日は、八に乗せられてつい、大昔のロックでエアーバンドしてしまいました。でもね、やっぱり、なんですなあ、日本人なら演歌です。神さんにも言われました。隠居なら演歌を歌えってね。

八「おう、隠居いるかい」

隠「八か、ああ、熊も一緒じゃねえか。いいとこに来た」

八「何がいいとこに来ただ。なんか、たくらんでいやがるな」

隠「いやいや、今日はこれからね、エアー演歌です」

八「この前は、ロックのエアーバンドで、今度はエアー演歌かい」

隠「その通り、」

熊「で、何を歌うんですか」

隠「ぴんからトリオの女の道です」

八「そんなの知らないよ」

隠「大丈夫、こうやってね、あたしの脇に二人で立つね」

熊「隠居の脇に立ってどうするんですか?」

隠「二人ともギターを弾く真似するんですよ」

熊「こうですか」

隠「あっ、動いちゃいけないよ。あのトリオは動きが少ないんだから。さっ、あたしが歌うからね、左手はネックをつかんでる感じでね、右手をおなかのあたりで上下に動かしてね、あっ、左手は時々動かしてね、コード押さえてるふりをするんですよ」

八「ところで、隠居はこの歌の歌詞を知っているのかい」

隠「イヤー、知らないんですよ。演歌で三人組っていったらぴんからトリオしか思いつかなくてね」

八「じゃあ、歌えねえじゃないか」

隠「いや、だから、歌ってるふりして、マイク持ってね、こうやって、顔を振ってるだけでいいんですよ」

といって、エアー演歌を始めるのですが、八と熊はエアーギターなんですがね、動きが少ないし、あたしはエアーボーカルなもんで、首振るだけなんですよ。誰も、CDなんて持ってないんで、音も出ないし。なんだか、エアー演歌ってのはお通夜みたいなもんです。
[PR]
by garumaru | 2006-02-16 19:15
<< コンサートの席は分け合おう 勝っても、負けても >>




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧