カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


天気がいいんで、洗濯物が乾くんです

エー、天気というものは、人間様の都合をあんまり聞いてくれませんな。こっちが「明日は、運動会だから晴れてくれよ」っていっても、「はい、わかりました」なんていって、晴れてくれるわけじゃない。

A「おや、お久しぶり。お元気ですか。今日はいい天気ですね」

B「俺のせいじゃねえや」

なんてね、愛想のない人でね。

まぁ、そうではありますが、人間てものは思いこみが強いですから、都合よく晴れると、やっぱ、おてんとさんは偉いねえと思うわけであります。

というわけで、昨日とうってかわって、今日は、晴れました。洗濯日和でね。昨日は、家の中で干してなんとなく、湿ってて気持ちよくないんですが、今日は気持ちよく乾きますよ。

ってね、洗濯物が、そんな話を聞いていましてね、洗濯物の会話です。

洗濯物A「いやあ、何だね、今日はいい天気だね。今日は、あたしも乾くよ。ぴんぴんになってね。かわいい洗濯物になるんだ」

洗濯物B「あたしゃ嫌だね」

A「なんだい、あんたは、こんなに、いい天気なのに、陰気な顔をして、せっかく晴れたんだからもっと、晴れやかな顔をしたらいいじゃねえか」

B「いくら晴れたってね、まだ、冬だよ。やっぱり、外は寒いじゃねえかよ。こんな寒いところで一日中干されてさ、嫌んなっちゃうよ」

A「そんなこといったってしょうがねえじゃないか。えぇー、お前は、長袖の厚いシャツだし、俺は、厚い股引だ。なぁ、俺たちはよ、冬の服なんだよ。冬の服ってのはな、寒いときに干されるのが役目なんだ。なあ、寒くたってな、外は乾燥してるから、からっと乾くんでぇ。おめえ、これが、冬の服の心意気ってもんよ」

B「(小声で聞こえないように)なにを、張り切ってるんだい、股引のくせに」

A「えー、なんかいったかい?」

B「イヤー、なんにもいってないよ。ああ、また、一日中、寒空で干されてさ、いやになるね。風邪ひいちゃうよ。昨日みたいに、雨降ってさ、一日中家ん中でゆっくり干されてる方があたしゃいいね。家の中にいるのがいいよ」

なんてんで、洗濯物にも引きこもりがいるのであります。
[PR]
by garumaru | 2006-02-22 19:56 | エコロジー
<< 不思議なチケット 氷河が溶ける >>




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧