カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


2006年 04月 08日 ( 1 )

春の洗濯物

エー、四月になりますと、春ですなあ。

春になれば すがこもとけて
どじょっこだの ふなっこだの
夜が明けたと思うべな

ってなもんですな。すがっていいますのは、氷のことで、冬に氷がとけて家の中がびしょぬれになることをすがもりといいますな。

まあ、そんなわけで、春になると、暖かい。暖かいと洗濯物も乾きやすくて、喜ぶんじゃないかと、お思いでしょうが、ところがどっこい、春はけっこう、雨が多いのでございます。

てなわけでね、春の天気は変わりやすいので、出かけるときに洗濯物を外に出しておくか悩むもんであります。

洗濯物A「ああ、この家の旦那、洗濯物を外に出して畑仕事にいったよ。雨が降ってきたらどうするんだろうね。俺たち、ぬれちゃうよ」
洗濯物B「そうだね、嫌だね、こんな雨の降りそうな曇り空でさ、外に干されるのは」
洗濯物A「まったく」

なんてね、天気の判断を間違って、雨が降るめいって外に干したまま出かけて、昼から雨が降った日にはこんな風に洗濯物にまで馬鹿にされてしまうわけであります。
[PR]
by garumaru | 2006-04-08 22:06




隠居の研究所
by garumaru
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧