カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


2006年 05月 12日 ( 1 )

キースが退院です

八「隠居、いるかい、さあ」

隠「いますよ。どうかしたかい」

八「新聞読んだか? さあ」

隠「何いってんですか。このごろはあんたのところに先に行くので、あたしは読む機会がないんですよ」

八「そりゃさ、おいらの娘が隠居より優先されるよ。さあ」

隠「まぁ、あたしも目が遠くなってね、新聞読むのがおっくうですけどね。まぁ、そんなことはどうでもいいんですが、なんですか、きょうは? 何か、新聞にいいことが書いてありましたか」

八「それだよ、実はな、キースが退院したらしい、さあ」

隠「えっ、ほんとですか、体の具合はどうなんでしょうね。電気だといいんですが」

八「電気はなくて、元気だろう、さあ」

隠「そうですね。それにしてもよかった(涙ぐんでいます)」

八「(もらい泣きしながら)よかったよな。おいらは、もう死んじゃうのかと思ったもんな、さあ」

隠「とりあえず、よかった。早くよくなって、コンサートをしてほしいですね」

八「そうだよ、ギターなんかひかなくっ立ってるだけでいいよ、さあ」

隠「いいこというね、八は」
[PR]
by garumaru | 2006-05-12 22:47 | 人口問題




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧