カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


2006年 05月 16日 ( 1 )

たまには外で飲みたい

八「隠居、金貸してくれ、さあ」

隠「何ですか、いきなり、金貸せってのは」

熊「ああ、隠居、お願いします。八と飲みに行くんで、サー」

隠「飲みに行くの? あたしをおいてかい、二人だけで、いい身分だね」

八「なに、いじけてんだよ。もちろん、誘うつもりだったんだけどね、お金がないと飲みにも行けないからね、ちょっと、確かめたんだよ、さあ」

隠「どうせ、八も熊も金がないからね、あたしがだすことになるんだよね」

神「なんだい、三人で飲みに行くのかい、早くいっといでよ、隠居が一日中家にいると鬱陶しくていけない」

隠「お金を貸してくださいよ」

神「つけがきかないのかい。うちには、あんた達の飲み代なんかないよ」

隠「まぁ、しょうがない、安い店を探しましょう」
[PR]
by garumaru | 2006-05-16 22:25 | 人口問題




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧