カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


<   2006年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

おやおや、ランばっか

えー、世界らん展の続きです。大家のガルマルさんから券をもらったんです。東京ドームというところでやっている催しでね。水道橋というところで電車を降りるんですよ。熊も、八もね、都会に来たことがないからおろおろしています。

さあ、大家さんからもらった券でね、入りますよ。


f0021367_19484893.jpg

熊「ああ、それにしても、ずいぶん並んでますね」

隠「あぁ、東京ってとこは、どこでも行列ができるんだ」

f0021367_19493349.jpg

隠「おっと、荷物検査があるよ。みんな、変な物持ってないだろうね。変なもの持ってると係の人に叱られるからね」

そういいながら、みんなを見ると、誰も荷物を持ってない。手ぶらできているんですな。あたしだけですよ、カメラを持ってきたのは。ばしばし、撮りますよ。

隠「さあ、みんな、チケットは持ったかい?」

といって、あたしは、みんなにチケットを配りました。大家さんからもらったのは、一枚だから、これを四つにちぎってね、渡したわけです。

最初に、八が係に人に四分の一のチケットを渡します。

係の人「あのぉ、お客様、このチケットは四分の一しかないんですが」

八「てやんでぇ、これはな、大家からもらったありがたいチケットだ。四分の一あれば、十分なんだ」

なんて、八は訳のわからないことをいってます。

隠「あぁ、そこの係の人」

係「はい、なんでしょう」

隠「これはね、ガルマルさんという私たちの大家さんからもらったチケットだからね。四分の一でもいいんです」

係「あぁ、ガルマルさんの紹介ですか。どうぞ、お入りください」

って、四人とも、入れちゃった。何でか、わからないんですがね。

f0021367_19503325.jpg

神「あんた、すごい人だよ。見てごらんよ」

隠「すごいね、ランよりも、人のほうが多いね」

なんていいながら、ランを見て回ります。

f0021367_19511354.jpg


隠「とにかく、ランだらけだね」

神「そりゃあね、ラン展ていうくらいだから」


f0021367_19514991.jpg


神「おや、あそこにランが山になって売ってるよ。あんた、買わないのかぃ」

隠「買わないよ。ランてのは、世話が大変なんだ。それに、花が咲くのは何年も先なんだぞ。待ってられないよ」

神「ラン展に来て、ランを買わないなんてね」

f0021367_19522688.jpg


熊「おや、隠居さん、おみやげ用の饅頭ですよ」

隠「ほんとだね、おいしそうだね」

熊「私は、饅頭を買って帰ろう」

隠「熊は、花より団子だね」

f0021367_19525942.jpg


八「おい、隠居、おいらの田舎のものが売ってるよ」

隠「ほんとだ。『北海の味めぐり』ってかいてある。八の古里じゃないか」

八「そうよ。おいらは、ここでおみやげを買ってくぜ」

そういって、熊は饅頭を山ほど、八は北海の味を山ほど買いました。あたしと、神さんはお金がないので、なんにも買わずに帰ったとさ。めでたし、めでたし。

神「それにしても、ラン展にいったのにね、饅頭と北海の味しか買わないなんてねえ。変わってるわねえ、長屋の連中は」
[PR]
by garumaru | 2006-02-28 19:56

世界ラン展日本大賞

八「おや、あの人付き合いの悪い隠居のとこに誰か来てるよ。珍しいね。それに、あのいつも威張った隠居がぺこぺこしてるね。誰だろうね。ちょっくら、隠居に聞いてみよう」

隠「おや、八かい。どうしたんだい」

八「おい、隠居、さっきまでここにいた人は誰だい。この辺じゃ見ない人だね」

隠「あっ、あれはね、この長屋の大家さんで、ガルマルさんてんだよ」

八「えっ、あの人が長屋の大家さんなんだ。じゃあ、おいらの家の大家でもあるわけだね」

隠「そうだよ、あの人はね大家だけど、一回も店賃を取らないんだ」

八「ああ、それで、おいら、あったことないんだな」

隠「そうそう、この長屋を借りる人はあたしが決めてるからね」

八「そうかい、それで、ここは店賃がないんだ。娘がいっつも言うんだ。どうして、ここはただで住めるんだってね。店賃とるのを忘れてる、間抜けな大家のせいだったんだな」

隠「これこれ、そんな失礼なことを言っちゃいけないよ」

八「ところで、今日は何しに来てたんだい。まさか、店賃をまとめて払えなんていいに来たんじゃないんだろうな」

隠「そんなんじゃないよ。チケットをくれたのさ」

八「チケット? 何のチケットだい? まさか、ローリングストーンズのコンサートじゃないだろうな」

隠「違う、違う。今ね、東京ドームで、世界らん展日本大賞2006ってのをやってるらしいんだ。で、あたしがね、花が好きだから、行ったらどうだって、その入場券をくれたのさ。なんでも、大家さんが自分で行くつもりで買ってたらしいんだけどね、急に用事ができていけなかったんだってさ。神さんと八も連れて行くよ。熊もね」

八「そんな何枚もくれたのかい

隠「いや、一枚だけどね、八がやったみたくさ、一枚を四人で分け合って入ろうと思うんだ。上中下ってね」

八「そりゃ、いい考えだ」

というわけで、長屋の四人で世界らん展日本大賞2006に行くことになりました。続きは明日。
[PR]
by garumaru | 2006-02-27 21:03

エアーストーンズ

えー、前はね、アイアン・バタフライなんてね、そんなんで、エアーバンドしたんですがね、もっと普通のバンドでしようよって、神さんに言われましてね、あの野郎、嫌がってた割には、気に入ったみたいで。

神「やっぱりさ、あんた、今度、ローリングストーンズのコンサートに行くんだからさ、エアーバンドやろうよ」

神さん、まだ、八にだまされていることに気づかないみたいでね。本当に人がいいんだよ。あたしも、八にだまされたふりをしないとね。

隠「ローリングストーンズのかい?」

神「そう」

隠「誰が、ミック・ジャガーなの?」

神「あたし」

隠「あたしもやりたいね」

神「言い出しっぺはあたしだから、あたしがミック」

隠「あたしがミックたってよ、あいつは男だよ。おまえは女じゃないか」

神「そういうのは、ジェンダーバイアスって言って、国会で禁止する法案ができたんだよ」

隠「おめぇ、政治に詳しいな」

神「へん、嘘だよ」

隠「嘘はいけないよ。嘘は大掃除の始まりって言ってね。あたしは、はたき持って、そこらじゅう叩いちゃうよ」

神「また、始まったよ、わけのわかんないこと言い始めたよ」

隠「まぁ、いいでしょ。あんたが、ミックならあたしはブライアン・ジョーンズですからね」

神「死んだ人じゃないか。いたこで呼び出すのかい」

神「後は、キース・リチャードだね、誰かね?」

八「おい、隠居、いるかい?」

隠神「(そろって)あっ、キースが来た」

八「なんだい、二人で、ハーモニーかい?」

隠「やあ、キースよく来たね」

八「(ちょっと気取って)オー、イエー」

隠「お、いいね。きまってるよ。よし、熊を呼んでチャーリー・ワッツにしよう」

というわけで、あたし、神さん、八、熊と四人でエアーストーンズと相成りましてね。意外と神さんが、上手で、八も、上手でした。まあ、いけるかどうかわかりませんが、ストーンズのコンサートの前夜祭となったわけであります。あの、八から買ったチケットでコンサート会場に入れればいいんですがね。
[PR]
by garumaru | 2006-02-26 18:23

景気づけはエアーサンバで

エー、エアー演歌は失敗でした。動きが少ないのはやっぱりよくないですな。日本人なら演歌だろってんでエアー演歌に挑戦したんですがね、やっぱりお通夜みたくなりましてね。歌詞はわからないから、歌えないし、CDもないから、音は出ないしで、静かなもんでした。

というわけで、今日は、エアーサンバにしましょう。もちろん、マツケンサンバね、いいねえ、あたしが主人公でね。サンバは動きがあるからいいね。

というわけで、楽しくエアーサンバの勧めです。
[PR]
by garumaru | 2006-02-25 22:36

ドラえもんとシズカちゃん

隠「(ドラえもんの声で)シズカちゃん、優勝おめでとう。これ、金のメダル」

神「(シズカちゃんの声で)まぁ、ドラちゃん、来てたの。ありがとう」

というわけで、ドラえもんの真似をしたあたしが、シズカちゃん役の神さんにメダルを渡します。そこに、急に八が来ます。

八「おいおい、二人で何やってだよ」

隠「おっ、八か。ほれ、ドラえもんに出てくるシズカちゃんがね、あの、ノビタの恋人役のシズカちゃんがさ、オリンピックで優勝したもんだからね、ドラえもんがメダルを渡すんですよ、それで、私が大山のぶ代さんの声のドラえもん役をしているわけですよ。ちょっと、無理があるけど、神さんがシズカちゃんの役なんです」

八「全く、二人そろって馬鹿なことをして、おいらは、近所にこんな馬鹿夫婦がいるかと思うと恥ずかしいよ、まったく、神さんまで一緒になって」

神「あたしはね、この馬鹿がどうしてもっていうから仕方なくつきあっているだけなんだよ。ほんとは、やりたくないんだよ」

隠「なにいってんですか、最初に、シズカちゃんをドラえもんが表彰しようって言ったのは、あんたじゃないの」

神「まぁ、そうなんですけどね」

隠「ああ、はち、そういえば、ブエノスアイレスでローリング・ストーンズのコンサート会場で、ファンと警察の出入りがあったらしいよ」

八「出入りはないだろう。そういうのは、ファンと警察の衝突って言うんだ、で、なんで衝突したの」

隠「なんでもね、券のないファンが無理矢理、コンサート会場に入ろうとしたらいいんだよ」

八「ほう、それで」

隠「だからさ、おまえがこの前くれた券な、あれ、ほんとに、入れるんだろうな」

神「ほんとだよ、八、もし、入れなかったら一緒に警察と衝突してよ」

八「大丈夫だよ、入れるよ。じゃあ、おいらはこれで」

ああ、八の野郎が帰ってしまいました。八は大丈夫って言ってるけどね、鉛筆でかいてあるしな、どうも、信用できない。まぁ、シズカちゃんが優勝したことだし、今日のところは大目にみることにしましょう。
[PR]
by garumaru | 2006-02-24 18:59

不思議なチケット

エー、まぁ、今度ですな、ローリング・ストーンズってのが来るんです。コンサートの切符がないかって探していたらね、八が見つけたんだね。ところが、変なんだよ。神さんが八から買ったやつには、席の番号に上と中って書いてある。そんでだね、熊が買ったやつには、神さんの切符と同じ席の番号に下って書いてあるんだ。で、八が言うにはね、一つの椅子に三人が重なって座るんだっていうんですよ。

八「おう、隠居いるかい」

隠「いますよ。ほんとに、いるかいなんて言いながら入ってくるヤツがいますか。普通は、ごめんくださいでしょ」

八「隠居はけちだから、くださいなんて言ったら、何言われるかわからねぇ」

隠「何言ってんですかね。あたしは、ちょっとあんたに用があるよ」

八「おう、そうよ。さっき家に帰ったら、娘が隠居が呼んでるよって言うんだ。それで、おいらがここに来たんだよ」

隠「そうそう、娘さんにことづけをしといたのさ」

八「それでなんだい、用ってのは?」

隠「ローリングストーンズのチケットのことさ」

八「ああ、あの同じいすに上中下で座るやつな。おいらが苦労して手に入れたんで、みんなが喜んだってもんだ。なんか、お礼にくれるのかい

隠「馬鹿言っちゃいけないよ。その反対だよ。あたしは文句を言いたいんだよ」

八「文句だと。お礼こそ言われても、文句言われる筋合いはないぜ」

隠「いやね、上中下の席なんて変だろう。それに、手書きの汚い字で書いてあるだけだしさ。変だなって思って、コンサートの係の人に電話したんだよ。そしたらね、『当方では、そんなチケットは扱っておりません』なんていいやがる」

八「(ぎくっとして)おっ、そうかい、それは大変だなあ。おいらは用事を思い出したから、失礼するぜ。じゃあな」

隠「ちょっと待ちなさい、これ、八。ああ、いっちまいやがった」

神「なんだろうね、八さん、私たちをだましたのかね。あたし達は、このチケット使えないのかしら?」

ますます、謎が深まるチケットです。
[PR]
by garumaru | 2006-02-23 19:08

天気がいいんで、洗濯物が乾くんです

エー、天気というものは、人間様の都合をあんまり聞いてくれませんな。こっちが「明日は、運動会だから晴れてくれよ」っていっても、「はい、わかりました」なんていって、晴れてくれるわけじゃない。

A「おや、お久しぶり。お元気ですか。今日はいい天気ですね」

B「俺のせいじゃねえや」

なんてね、愛想のない人でね。

まぁ、そうではありますが、人間てものは思いこみが強いですから、都合よく晴れると、やっぱ、おてんとさんは偉いねえと思うわけであります。

というわけで、昨日とうってかわって、今日は、晴れました。洗濯日和でね。昨日は、家の中で干してなんとなく、湿ってて気持ちよくないんですが、今日は気持ちよく乾きますよ。

ってね、洗濯物が、そんな話を聞いていましてね、洗濯物の会話です。

洗濯物A「いやあ、何だね、今日はいい天気だね。今日は、あたしも乾くよ。ぴんぴんになってね。かわいい洗濯物になるんだ」

洗濯物B「あたしゃ嫌だね」

A「なんだい、あんたは、こんなに、いい天気なのに、陰気な顔をして、せっかく晴れたんだからもっと、晴れやかな顔をしたらいいじゃねえか」

B「いくら晴れたってね、まだ、冬だよ。やっぱり、外は寒いじゃねえかよ。こんな寒いところで一日中干されてさ、嫌んなっちゃうよ」

A「そんなこといったってしょうがねえじゃないか。えぇー、お前は、長袖の厚いシャツだし、俺は、厚い股引だ。なぁ、俺たちはよ、冬の服なんだよ。冬の服ってのはな、寒いときに干されるのが役目なんだ。なあ、寒くたってな、外は乾燥してるから、からっと乾くんでぇ。おめえ、これが、冬の服の心意気ってもんよ」

B「(小声で聞こえないように)なにを、張り切ってるんだい、股引のくせに」

A「えー、なんかいったかい?」

B「イヤー、なんにもいってないよ。ああ、また、一日中、寒空で干されてさ、いやになるね。風邪ひいちゃうよ。昨日みたいに、雨降ってさ、一日中家ん中でゆっくり干されてる方があたしゃいいね。家の中にいるのがいいよ」

なんてんで、洗濯物にも引きこもりがいるのであります。
[PR]
by garumaru | 2006-02-22 19:56 | エコロジー

氷河が溶ける

えー、学者によるとですな、氷河が溶けて水になってるらしいんでな。こらぁ、大変だってんですよ。

八「おい、隠居、たいへんだぞ、おいらの娘によると氷河の水が溶け出してるらしい。大変なことだぜ」

隠「お前の娘さんは、お前に似ないで優秀だねぇ。世界中の氷河が溶けると、海の表面が60メートルも上昇するってんですよ」

八「えっ、そりゃ大変だ。ここいらまで、海になっちまうぜ、どうしよ。俺は泳げないんだ」

隠「慌てることはない。すぐに氷河が全部溶けるというわけじゃないんですよ」

八「そんなこといってもな、大変なこった、悠長なことを言ってる場合じゃないぞ。裏山に逃げないと。なるったけ、高いとこ行かなくっちゃ」

隠「そんなに急ぐことはないでしょう」

八「いや、急がないとだめだ。隠居と隠居の神さんは速く逃げてくれ。おいらは、二人の金を持って逃げるから、金のある場所を教えろ」

隠「あのね、八。あたし達のお金が欲しいの見え見えだよ。もっと上手な手を考えなよ」

八「ちっ、ばれたか」

隠「60メートルくらいどってことないんですよ。日本で一番高いのは富士山で、これが3700メートル以上あるんだから、住むとこはあるんです。東京をやめて、長野を首都にすればいいんですよ」

八「しかし、心配だぜ」

隠「実はね、海が上昇するのと同じくらい怖いことが起こるんです」

八「なんだい、もっと、怖いことがあるのかい」

隠「そう、(陰気な顔をして)実はね、氷河の中には、昔、昔に閉じこめられた化け物や怪獣が凍ったままいるんですよ。だから、氷が溶けると、いろんな化け物や怪獣が出てくる」

八「本当かい。じゃあ、カネゴンやゴジラとかも出てくんのかい?」

隠「いやいや、いまのは嘘。本当はね、いままで、氷河ととけるとね。それまで、氷河が乗っていたところは、急に重しがなくなるでしょ。そうするとね、反動みたいなんでね、地面がパンと跳ね上がるんですよ。そうしたらね、地震とかね、いろんな天変地異が起こるんです」

八「本当かい。おいらは、地震が一番苦手なんだ。お化けより怖い」

といって、八は逃げて帰りました。

恐ろしや、恐ろしや。地球の滅亡じゃ。どうせ、滅亡するんだから、八に金をやっときゃよかったかな。いいや、いいや、まだまだ、あたしは生きるんだよ。この長屋を水に浮かぶ家に改築しなきゃね。
[PR]
by garumaru | 2006-02-21 21:13 | エコロジー

バスも競争だ

八「おっ、隠居が珍しく怒ってるね。外まで、声が聞こえるよ。まあ、大きな声出してみっともねえったらありゃしねえ。おいらが行って、ちょっと注意してやろう」

隠「そんなわけであたしはバス停で40分も待たされたんですよ」

神「そんなこといったって、バスにはバスの事情ってもんがあるでしょうに」

隠「それはそうですけど、あたしにはあたしの事情ってもんがあるんです。40分もこの冬空の下で待たされてごらんよ、風邪引いちゃうよ」

八「おいおい、ご隠居、うるさいよ。何、大声出してるんだい」

隠「ああ、八かい、いいところに来た。今日はね、町まで買い物に行ったんですよ。そんで、帰りにバス停で待ってたらね、時間が来ても来なくて、結局、40分もバス停で待っていたんですよ」

八「そのくらい普通にあるだろう。ここのバスのサービスは悪いんだから、しょうがないだろう。そんなことでいちいち文句を言うなんて、隠居もインゲンが小さいね」

隠「なんだい、インゲンてのは」

八「人間と言い間違えたんだよ」

隠「ふん、インゲンは人間より小さいだろうよ」

八「すぐ、人の揚げ足取りやがって。でもなあ、考えても見ろ、40分待って来たんだからいいじゃないか。おいらは思うけどさ、隠居が運転手だったら、40分遅れたらもう、行かないよ。考えて見りゃ、まじめな運転手じゃねえか。40分遅れてもちゃんと、バスを運転してきたんだから」

隠「そんなもんですかね」

神「そうよ、そう思えば、腹も立たないでしょ」

というわけで、バス停で40分も待たされたのに、神さんも八も同情してくれないんですよ。はあぁ。
[PR]
by garumaru | 2006-02-20 19:19

ラニーニャとエルニーニョ

昨日は、鬼の学ラン、じゃなくて、霍乱ってわけで風邪引きましてな、ダウンでワン、ツー、スリーなんでござる。そんででございましてな。今年は、ラニーニャだそうでございましてな。えー、・・・・・・・・

八「おい、隠居いるかい」

隠「八かい、いきなり来ちゃいけないよ。マクラを言い終わってないじゃないか」

八「いいんだよ、そんなこと、金を貸してくれ」

隠「なんだい、いきなり、金貸せって。うちには金がないのは知ってるだろう」

八「やっぱりかぁ(とぼとぼと帰りかけます)」

隠「待ちなさい。どうしたんだい、今日は、様子がおかしいよ。いやに、あきらめが早いですね。いつもなら、なんだかんだ訳のわからない理屈を言って、あたしからお金を取ろうとするくせに」

八「いいんだよ、娘の修学旅行さ。でもいいよ。隠居の家に金がないのは知ってるよ、貧乏人から金をとるのはなんだか、申し訳ねぇ」

隠「なんだか、今日は本当にしおらしいね、お前さんらしくないよ。(と、ごそごそ財布を捜します)あ、あった、このお金をあげるよ。娘さんのためだ、あたしだって、一肌脱ぐよ」

八「ありがとよ(と、自分の家に向かいながら)なんだい、これは?(といって、隠居からもらったお札を見る)なになに、なんか書いてあるぞ。ああん、子供銀行?」

隠「おや、八が戻ってきましたよ」

八「やい、隠居、なんだい、このお札は。子供銀行じゃねえか」

隠「ああ、そうだったかね。まあ、大丈夫だ。娘さんによろしくな」

八「娘さんによろしくなったってよ、先生に怒られやしないか」

隠「大丈夫ですよ。先生はこのごろ、教養がないから」

まぁ、そんなわけで八は帰って行きます。

ああ、やっと、マクラの続きがしゃべれます。ラニーニャとエルニーニョですが、ちょっと前まで、エルニーニョで地球の気候が大混乱なんていってたのに、今度はラニーニャです。なんだか、科学者も節操がないじゃないか、エー、っていいたくなるんですがね。

なんだかね、海の温度が低いだか、高いだかで、夏がくそ暑くて、冬がくそ寒くなるらしいね。しかも、0.5度くらいの差でそんなに変わるらしいんですな。私なんか、0.5どの差なんてわからないでしょうね。風呂にはいるときですよ、40.0度の温度と39.5度のお湯の違いがわかるかというと、自信がありませんな。

自然というものは、本当に、微妙なバランスの上に成り立ってるというべきなのか、人間というのは環境に対して鈍いというべきなのか、よくわかりません。まあ、なんにしても、今年の夏はくそ暑いんでしょうかね。

しかし、何ですなあ、やっと、エコロじじいって言う、あたしの名前らしい話じゃないですか。一時はどうなるかと思いましたがね、まあ、なんとか、それらしくなったわけです。
[PR]
by garumaru | 2006-02-20 18:11 | エコロジー




隠居の研究所
by garumaru
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧