カテゴリ
全体
連載小説
人口問題
エコロジー
未分類
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ


<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

喰いタン見たさに

この前、らん展日本大賞の券をガルマルさんからもらったんですよ。ガルマルさんてのは、私たちの長屋の大家さんなんですがね。これから、お礼に行こうと思うんですよ。

おっと、八が来ましたよ。なんでしょうね。あれ、娘さんまで連れてるよ。

八「おっ、隠居いるかい」

隠「いますよ。どうしました。娘さんまで連れて」

八「いや、娘が、学校で人気のテレビドラマをみたいっていうもんだから、隠居の家のテレビ見せてもらえないかなと思ってさ。学校てのはさ、みんなと同じドラマを見ないと、仲間はずれになるんだよ。かといって、家にテレビないしさ。そんで、隠居の家にこうしてお願いに来たわけだ」

隠「何言ってんだい、うちにテレビがないのは知ってるだろう」

八「(娘に向かって)なっ、隠居ってのは、けちだから、俺たちにはテレビを見せてくれないだろう」

隠「何言ってんですか、失礼な、けちとは何ですか、けちとは。わかりました、これから、大家のガルマルさんのとこに行きますから、そこで見せてもらいましょう」

八「ああ、ガルマルさんか、ガルマルさんの家にはテレビがあるんだね。(娘に向かって)隠居はけちだけど、ガルマルさんはいい人だからきっと、見せてくれるよ」

隠「ところで、何という番組を見るんですか」

八の娘「喰いタンです」

隠「くいたん?」

八「食いしんぼの探偵だから、喰いタンて言うんだよ」

隠「なるほど、おもしろそうですね」

神「あたしも見に行くよ。あれに出てくる喰いタンてのはイケメンだからね。イケメンバスターズのあたしとしてはみておかねば」

隠「あっ、おまえ、いつも変なときに出てくるね。本当にイケメンには目がないね」

神「そうだよ。悪いかい」

隠「悪るかあないですよ。おまえのイケメン好きが高じて、あたしと結婚したんだから」

神「あんたのどこが、イケメンだって?」

隠「顔に決まってるでしょ」

八「(しらけて)隠居がイケメンかどうかなんてどうでもいいからさ、早く行こうよ。番組が終わっちゃうよ」

というわけで、八と娘とあたしと神さんはガルマルさんちにらん展のお礼がてら行って、テレビを見せてもらったのであります。
[PR]
by garumaru | 2006-03-05 21:36 | 人口問題

マンジュウ三つ

エー、きょうは、久しぶりに晴れました。予報では明日も晴れることになっています。そんなわけで、もうすぐ春だなと思えるような日々が続いています。

八「おい、エロじじいいるか?」

隠「何回もいいますけどね、私はエコロじじい。エロじじいじゃないよ」

八「そんなこといったってさ、隠居はエコロジーのこと、全然しゃべらないじゃない。エコロじじいじゃないね」

隠「(ぎくっとしながら)何いってんですか、いいですか、私がエロじじいと呼ばれるようなことをいいましたか。エコロジーのことは確かに、あんまりしゃべらないけど、エロのことは全然しゃべってないんです。だから、もうエロじじいと呼ぶのは止めてください。近所の人に顔向けできないんです」

八「はいはい、まぁ、考えときましょう」

隠「で、なんだい、今日は?」

八「娘の宿題さ、冬の歌を五つ考えろっていうんだけど、おいらは、見当も付かないから聞きに来たんだけど」

隠「人にものを聞きに来たんならもう少し、控えめな態度をとりなさいよ。まぁ、いいですけどね、いつものことだから。ところで、冬の歌ですか。そうですね、サイモンとガーファンクルの冬の散歩道ですかね」

八「ほう、なるほど。(隠居の神さんに向かって)で、お神さんはどうです?」

神「オフコースのさよならかしらね」

八「ああ、あの、甲高い声で さよなら さよなら さよならあああ ってうたうやつね」

隠「オダカズマサという人が歌ってるんだ」

八「オダノブナガの子孫だね」

隠「字が違うよ」

八「カタカナにすれば同じだよ」

隠「馬鹿なことを」

八「あれってさ、雪の降る日に二人が別れる歌なんでけど、どうして別れたのかな?」

隠「あの歌には、替え歌があってね、さびのところが

さよなら さよなら さよならああ
もうすぐ外は白い冬
愛したのは 確かに君だけ
そのままの君だけえ

なんだけどね、「愛したのは 確かに君だけ そのままの君だけえ」のところをね、

食べたのは マンジュウ三つだけ
四つ目は 君にあげるよぉ

って、変えるんだよ」

八「ああ、そうか、きっと、貧しい二人が、冬の寒い日に一人二個ずつ食べようと思って四個のマンジュウを買って家に帰ったんだね」

隠「そうそう、それでね、一人がね、黙って三つ食べちゃったのね、それで、一個だけ残してあるから許してって歌なんだよ」

八「でも、一個だけしか食べれなかった方はおもしろくないから別れたんだ」

神「食べ物の恨みは恐ろしいからね」

というわけで、八は娘さんの宿題を解決して帰って行きました。
[PR]
by garumaru | 2006-03-04 21:06 | エコロジー

雪が降ったり、海が明けたり

エー、今年は寒いらしいですな。何でも、20年ぶりの寒さと言うことで、あっちこっちでいろいろな被害が出ているんです。あたしのところは、今日も雪が降りました。

かと思うと、今年は流氷が少ないんですかね。何でも、網走と紋別の流氷がいなくなったんで海明けだと言うことです。いままでで、史上二番目の早さって言うことらしいのです。まあ、流氷だけを見れば、今年は異常な暖かさということなんでしょうか。

八「おっ、隠居。なんだってなぁ、流氷がもうはや、いなくなってるんだってな。流氷がいなくなるってことは春も近いってことだ。今年は暖かいんだな。でも、ここらは雪が降ってるよな」

隠「そうなんですよ。雪が多くて大変だって言ってるところがあると思えば、流氷がいなくなって暖かいぞってとこもあるんですよね」

八「同じ日本でも、ずいぶん違うもんだな」

隠「そうなんですよ。しかも、極端に違うんですよ」

八「どうしてなんだ?」

隠「はて、温暖化のせいですかね」

八「流氷が早くいなくなったのは、温暖化のせいでも、今年の寒さはどうなんだ?」

隠「温暖化というより、気候は不順というか、異常な気候が続くといった方がいいですね。学者の中にも、温暖化はないといってる人もいるくらいだしね」

八「まぁ、よくわかんねぇや」

といって、八は仕事に出かけます。まぁ、地球の更年期ですかね。
[PR]
by garumaru | 2006-03-03 21:26 | エコロジー

化粧をぱたぱた

隠「八、この前、ラン展をみに東京へ行っただろう」

八「ああ、」

隠「あん時さ、電車の中でちょっとおかしくなかったかい」

八「そうかい、あんまし覚えてないけど」

隠「なんかさ、ずっと、どこかをみている感じだった」

八「ああ、そうかな、えーっと。ああ、あのことかな」

隠「あのことって?」

八「おいらたち四人で並んで座ったいただろう。隠居、神さん、熊とおいらだ。そんで、おいらたちの前に、そうよな、としのころ、30歳前くらいのお姉さんが座っていたの覚えているかい?」

隠「いや、全然覚えていない。あたしはね、女の人のことはみないの」

八「お神さんが怖いからかい?」

隠「(ぎくっとして)いや、そんなことはないよ」

八「まあ、とにかくな、その前に座ってた女の人がさ、ずっと、化粧しているのさ。おいら、驚いちゃってさ。化粧なんて、人前でするもんじゃないだろう」

神「そうなんだよ。最近の若い人はね、電車の中みたいな公共の場でね、お化粧をするんだよ。だからね、人前でお化粧するのは、当たり前のことなの。驚いちゃいけないよ」

隠「おっ、おめえ聞いてたのか」

神「ああ、この前なんか、電車の中で、化粧大会をやってたよ」

隠「なんだい、それは」

神「電車の中でね、どれだけ上手に化粧できるかってんで競争してたよ」

隠「ほう、優勝は誰だった?」

神「あたしだよ」

隠「ほう、おめえ、化粧なんかしたことないじゃねぇか」

神「あたしゃね、元々の顔がきれいだから、化粧しなくても優勝できたの」

八「ほんとかね、お神さんが優勝できるなら、うちの娘なら、その上を行くな。超優勝だ」

隠「何いってんだ。何が、超優勝だよ。そんな言葉はないよ」

とまぁ、そういうわけで、東京に行ったときには、いろいろと世間の動きがわかるわけでね。田舎にばっかり住んでちゃいけないていうことですかね。
[PR]
by garumaru | 2006-03-02 22:22 | 人口問題

今年は寒い冬でして

というわけで、冬が来てみたら、関東では20年ぶりの寒い冬だったそうで。冬が始まる前に、気象庁は暖冬だっていってたんですからね。無責任もいいところです。あたしなんか、冬の服を買わなかったんですからね。金かえせってもんですよ。

まぁ、そんなことをいっても、気象庁の人も、「使ってもいない金をどうやって返すんだ」っていうでしょうね。

北風吹き抜く
寒い朝も
心一つで暖かくなる

って、曲が、あります。吉永小百合さんの歌った歌で「寒い朝」という曲です。誰ですか? 「心が二つも三つもあれば、もっと暖かくなるのかい」、なんていってるのは。

まあ、この女優さんは美人で有名ですが、変な歌を歌うことでも有名です。「糞(ふん)、糞(ふん)、糞(ふん)、糞(ふん)、鹿の糞(ふん)」なんて歌詞の歌をけっこうあどけない顔で歌ったりしています。鹿の糞を歌った歌手なんて、この人くらいです。

ところで、冒頭の寒い朝という歌なんですが、
清らかに咲いた
可憐な花を
緑の髪にかざして
と、続くんです。緑の髪って気持ち悪いですよね。まぁ、きれいな女優さんなんで、歌はへんてこになるんですよ、きっと。

まあ、そんなわけで、温暖化なんていってるのに、寒いってのはどういうことなんでしょう。現実は理論を超えるってことなんでしょうかね。
[PR]
by garumaru | 2006-03-01 18:32 | エコロジー




隠居の研究所
by garumaru
登場人物
隠居

八五郎=隠居の隣人、植木職人

熊吉=隣人、大工

電気ポット=主人公
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧